株式会社レジェンド・アプリケーションズ 食品関連事業部専用サイト
食品コンサル、e−ラーニング、研修・セミナーなどを全国で展開しております。

TEL : 03-6441-3866
受付時間 : 平日9:00〜18:00
メニューをひらく
お知らせ

Food Safety Summit 2016 開催!

2016.07.07

【Food Safety Summit 2016 in Nagoya】 <全3日名古屋コース開催>
 7月26日(火):食品表示ワークショップセミナー
 7月27日(水):食物アレルギー対策セミナー
 7月28日(木):従業員教育ワークショップセミナー

【Food Safety Summit 2016 in Tokyo】 <全3日東京コース開催>
 8月29日(月):食品表示ワークショップセミナー
 8月30日(火):食物アレルギー対策セミナー
 8月31日(水):従業員教育ワークショップセミナー

 ※セミナーは、個別にお申込み頂けます。

加工食品の自主回収の告知理由は「不適切な表示/アレルゲン」が約半数を占めます。
この原因は、法律の理解不足や、アレルゲン知識不足と現場でのコンタミネーションです。

1日目、2日目のセミナーでは、この改正景品表示法、アレルゲン対策に対する最新情報を
講師陣の皆様にご講演いただき、その後ワークショップを通して実践スキルを習得します。
3日目のセミナーでは、弊社が毎年実施している「農水省HACCP研修」のアンケートで、
HACCPが構築できない最大の課題として5年連続ワースト1位の「従業員教育」に対して
最大の学習効果を目指す従業員教育の研修教材の作成方法をワークショップを通じて
実践いただき、最新研修教材として「動画アニメ型E-ラーニング”ナリア・アカデミー”」
の活用事例のご紹介をいたします。

第1日(9:30~17:30):食品表示対策セミナー
<基調講演> 食品表示にかかわる法律と改正景品表示法の概要
       弁護士法人大江橋法律事務所 弁護士 植村幸也氏
<ワークショップ>
①一括表示作成手順
②食品表示Q&A
③演習一括表示の作成
④食品表示管理のポイント

第2日(9:30~17:30):食物アレルギー対策セミナー
<基調講演> 食物アレルギー最新情報
       NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク 専務理事 赤城智美氏
<ワークショップ>
①食物アレルギーの基礎知識
②食物アレルギー対策の全体像
③演習アレルゲンリスク分析
④アレルゲンコントロールのポイント

第3日(13:00~17:30):従業員教育セミナー
<ワークショップ>
①従業員教育プログラム構築の必要性と実践方法の解説
②演習教材作り
③動画コンテンツ教育の可能性と大手食品製造、外食企業のお客様導入事例紹介
※セミナーは、個別にお申込み頂けます。主催:(株)レジェンド・アプリケーションズ
講師(株)レジェンドアプリケーションズ

ご質問やご不明な点は下記までご連絡ください。

————————————————————————-

株式会社レジェンド・アプリケーションズ
食品コンサルティンググループ  セミナー事務局
担当:落合・弓田
Tel:03-6441-3866
lafoodseminar@legendapl.com

————————————————————————-

ご相談/資料請求

各種お問い合わせ、資料の請求、メルマガ登録はコチラ