株式会社レジェンド・アプリケーションズ 食品関連事業部専用サイト
食品コンサル、e−ラーニング、研修・セミナーなどを全国で展開しております。

TEL : 03-6441-3866
受付時間 : 平日9:00〜18:00
メニューをひらく
食品業界ブログ

丸京製菓株式会社 様

2017.03.26

安全への信頼がビジネスチャンスを生む

代表取締役副社長
鷲見雄司 様
食品安全チームリーダー
三島 様

本社工場
ISO22000取得:2011年3月
(構築期間5ヶ月間)
FSSC22000取得:2012年11月
(構築期間3ヶ月間)

錦町第2工場
ISO22000取得:2012年11月
(構築期間7ヶ月間)
所在地:鳥取県米子市旗ヶ崎
創業:昭和33年
従業員:200名
製品:どらやき、蒸まんじゅう、焼きまんじゅう、もみじ、最中
http://www.marukyo-seika.co.jp

丸京製菓様にとって、食品製造とは?

丸京製菓は、さまざまな和菓子を生産しており、なかでも「どらやき」は、日本一の生産量を誇っています。「原料」「製法」「安全・安心」にこだわり、また美味しい「どらやき」をつくる情熱はどこにも負けないと自負しています。

ISO2200/FSSC22000取得のきっかけ

丸京製菓は、2002年5月にHACCP対応の工場を新設。世界最高のどらやき製造を目指すために「ISO22000」の認証取得に取り組み、2011年11月に認証を取得しました。さらに、世界最高水準の食品安全基準を満たすべく、2013年4月、「FSSC22000」の認証取得を果たしました。

苦労した点、良かった点

社員の意識改革には苦労しました。最初は、横文字への苦手意識から、検証などに対する不慣れが目立ちました。そこで入社5年程度の若手社員を抜擢し、ISO、FSSCの重要性を理解させていきました。

良かったことは、以前は理解されていなかったマニュアルの必要性が、社員に理解されるようになったことです。ベースにした業務の標準化が製造の衛生面だけでなく、生産性や会社の経営に直結する部分の成果にもつながっています。また、「改善していこう」という企業風土も生まれました。今後も衛生面の改善だけでなく、仕事の標準化を進め、改善の風土を育てていきたいと思っています。

FSSCを推奨する流通業者が急速に増えているなか、何件かの商社(韓国の商社など)からは監査免除を伝えられています。今後一番期待しているのは、ビジネス上のメリットです。当社は15ヶ国に輸出しており、取引開始時の工場視察などのステップがなくなることで、製品提案のスピードがさらにアップできると考えています。

ご相談/資料請求

各種お問い合わせ、資料の請求、メルマガ登録はコチラ